WOHO!

ENVIRONMENTAL & FOOD SUSTAINABILITY
環境維持と食の安全

WOnly Have One-earth!” Then, “You Only Live Once.”

What Goes Around Comes Around,  trying to achieve the real beauty with simple Habits and Homemaking.  It all began from my interests towards environmental issues in early 2000’s,  I’ve been searching, practicing, supporting what I could do for our planet. 

Although I started all to be a part of improving environment, simultaneously the act  affected  largely myself; I didn’t age badly!  I get this question often, “What do you do for anti-aging?”  I don’t like going spa, even at home I hardly spend time for myself.  All I did was small things everyday for our planet .  This is the reason I always say; What Goes Around Comes Around,  Clean Earth Clean You!

I support

  • Organic & Pesticides Free Farming
  • Biodegradable Personal & Home Care
  • Fair Trading
  • Locally Grown Produce

I am against or avoid

  • Chemical Pesticides & Fertilizer Use
  • GMOs
  • Chemically Treated Vegetables & Fruits after Crop
  • Hormone & Antibiotic Use to Farm Animals
  • Food Additives & Preservatives
  • Chemically Refined Foods
  • One Time Use Waste (Plastic Containers/ Plastic Bags)
  • Not Clear Recycling system

地球はたったひとつ。そして私達の人生も一度きり。

ニューヨークで、環境問題に興味を持った2000年代初頭以来、環境への配慮や維持に貢献できる事を調べては実践し、非営利団体をサポートをする、という生活を続けてきました。その時は、それ以外に目的はありませんでしたが、何年も経ってから、私自身の体にも影響が出ていることに気が付きました。スパもエステも面倒で行かない私の、アンチエイジングになっていたのです。

♠ 詳しくは、はじめまして!のページへ >>

環境汚染に繋がることをしない生活を続けた事によって、自然のサイクルで体が浄化され、老化のスローダウンに繋がっていたようです。まさに良い意味での、What Goes Around Comes Around (自分がしたことは自分に戻ってくる)、私が Clean Earth Clean You (キレイな地球はキレイなあなた)と言っている理由です。

私が賛同・サポートしている事

  • 有機栽培・無農薬栽培
  • 生分解性の家事用品とパーソナルケア商品
  • フェアトレーディング

私が反対活動している事

  • 遺伝子組み換え
  • 食品添加物と保存料
  • 化学農薬と肥料
  • 化学的に精製された食品
  • 野菜や果物の収穫後化学的処理
  • 使い捨て
  • 不透明なリサイクルシステム
FOOD ADDITIVES & PRESERVATIVE ALLERGY
食品添加物と保存料アレルギー
FAT & OIL INTOLERANCE
油分過敏症

Healthy, Delicious, Safe, and Kids Approved!  All from scratch Home Cooking for whom in need of special attention to what they eat.  Common food allergies are widely known and there are understandings in societies, but what about sensitive reactions to food additives and preservatives?  Our kids also suffered a lot from animal fat intolerance which makes them to get sick by eating meat & animal based produce.  Luckily they’ve been gradually growing out and it took 10 years to reach this point, although they still need quality and quantity attentions  on weekly basis.

I could have eliminated all animal products from kids’ diet during this 10 years and simply be a vegan family, but I decided to leave the options to them, in stead I teach them, not decide for them.

Based on this background, all my recipes had been developed; mixture of ideas from Vegan,  Lacto-Ovo, and mostly plant based.  (I would like to note kindly that although I highly respect Veganism, I am not a Vegan nor practicing complete Veganism. )  As much as creating recipes is important to me, food sustainability from many perspectives is also my top priority when it comes to cooking for my family, as stated in “Sustainable Lifestyle” section above.

eBook: WHAT, WHEN, and HOW to eat based on WHERE you live​ © >>


キッズの食事で一番大切な事は、健康的で美味しくて安全な事!一から作る家庭料理で子育て。

どれ程新鮮な材料が使用されていても、一緒に体内に入る物にも配慮しなければ意味がありませんよね。残念なことに、殆ど全ての既製品と外食に、食品添加物と保存料が使用されています。それによって栄養素が破壊されてしまうだけでなく、過敏症により不調を起してしまう人もいるのです。不調が起こらなければ、知らぬが仏で過ごしてしまう事もできます。でも添加物や保存料の歴史はまだ浅く、長期的におこりえる、本人または次の世代への遺伝による健康被害の結果はまだ出ていません。しかし、科学者たちは既に、脳への悪影響を懸念しています。

また、親でも気づきづらい動物性食品と食用油の不耐性。卵や牛乳等の広く知られた、アレルギーテストの存在する食品アレルギーであれば、説明の方法があります。しかし瞬発的なアレルギー反応ではない過敏症や不耐性の場合、回りに理解してもらう事は殆ど不可能なうえ、蓄積によって様々な不調をおこします。

​我家ではこれら全ての問題があるため、体力的に弱い小学校低学年までは本当に大変でした。とにかくホームメイド、そして一つ一つ根気よく食べ物と症状をメモ。子供達にも説明してきた甲斐があって、今では「こういう物をこれくらい食べたら、こういう不調が起こる」という因果関係を、彼ら自身も良く理解しています。こうして、毎日楽しく美味しく子供達が食べられるよう、レシピを工夫し、ヴェーガン料理もうまく利用してきました。​現時点では、症状を悪化させない為に、食事の3分の2はヴェーガン料理にするように、そして外食や旅行では、解毒や消化を促進する漢方をブレンドして飲ませます。

SUSTAINABLE DESIGN
環境維持デザイン

Cooking and Homemaking sounds very much domestic but how I started all  was from being an architectural interior designer in New York City.  The career planted a bigger vision of environmental issues in me, which made me to think what individuals can do.  With perspectives of sustainability, I love talking about architecture, design, art, and culture, hope you enjoy and find some interesting observations.


お料理や家事というと、家庭的な感じがあるかもしれません。でも、環境維持に貢献しようと思ったきっかけに出会ったのは、ニューヨークでインテリア建築デザイナーをしていた時。このキャリアのおかげで、環境問題の大きなビジョンが植え付けられ、それを通して、個人のレベルで何をしていくべきかを考えるに至りました。環境維持・配慮の視点から、建築、デザイン、アート、カルチャーにおいて気が付いた事を書いています。