ライフスタイルグルス2007

Whitney Museum 特別展示とハリウッドカップル

金曜日の定期検診、思ったより早く終わって、いいお天気!

丁度、 Whitney Museum of American Art  の前に車をとめて置いたので、現在の特別展示 「Rudolf Stingel のアルミニウムの部屋」 を見ていくことに。さすが夏休み、チケットを買うのに随分と並びました。

この数年、大きいバックがファッション。しかもレザーだから重い。となると、だいたい主人が私のバックを持つことになる。この日も、大きな黒いバックを持って並んでいたら、すぐ前に並んでいたカップルも、同じように、男性が大きな黒い女性用のバックを持っている。年齢もちょうど私達と同年代くらい、私も彼女もワンピース、主人も彼もカジュアルなジーンズとシャツにサンダル。

主人も気がついて微笑んでいたから、「ふふ、何だか似てるけど、ここもバックもたされてるね」って言いながら、もう一度そのカップルを良くみたら、ケイト・ベッキンセールとレン・ワイズマン。その横にケイトにそっくりな、かわいい女の子。映画で見る彼女とはメイクが全然違うから、誰も気がついていないようだったけれど、私達は真後ろで並んでいたから、主人がたまたま気がついたという訳です。

Whitney の4階は現在、Rudolf Stingel による、アルミニウムの部屋になっています。展示室中を、アルミニウムのパネルで覆って、真ん中に大きなシャンデリアを飾ってピカピカ。

それに、そのパネルには、自由に文字や絵を彫っていいので、子供達には大人気!検診結果で上機嫌の主人。はしゃいで 「僕達のベイビーは男の子!!!」って、名前と日付入りで彫ってきました。

他の階の特別展示についてのリビューは、ウェブサイトのアートのページにて。今、あちらこちらで広告を見る、話題の 「Summer of Love: Art of The Psychedelic Era」 も観てきましたよ。