正しいアーモンドの選択の仕方と安全性

(2017年9月旧Webサイトに掲載されたものです) 夏前からヴェーガンミルクを自家製にして以来、大体5日間に1ボトルのペースで丁度良い感じです。もともと子供達は牛乳の合わない体質、ミルク類を飲み物として置く習慣がありませんでしたが、安心な自家製ミルクがあればあるで、気兼ねなくお料理にも使えて便利。​

パン生地には秘密が沢山!焼きたて、手作りが意味すること

(2018年7月旧Webサイトに掲載されたものです) 我が家は皆、パン大好き。子供達は3食パンでもオッケーくらいに好きですが(勿論そんなことはしませんけれど)特に朝は絶対なので、様々な材料で様々なタイプのパンを毎日焼いています。別に趣味で焼いている訳ではなくて、子供達はお店で売っているパンを続けて食べると具合が悪くなるから。グルテンアレルギーではなく、添加物・保存料が引き起こす不調です。

自家製ヘーゼルナッツミルクは利点がいっぱい!

(2017年7月旧Webサイトに掲載されたものです) 牛乳の代用乳、自家製ヘーゼルナッツミルク。子供達の体質上の理由から我が家では牛乳が不要なのですが、私も主人もコーヒーはブラックではなくラテ派。コーヒーのためだけに渋々牛乳を買いながら、ヴェィガンミルクにシフトしたいとずっと考えていました。

しっとり自家製マフィン、カノーラオイルでは絶対ダメな理由

(2018年6月旧Webサイトに掲載されたものです) マフィンを作られる方、初めての時はこんなに白砂糖とオイル入れるの?と思われませんでしたか?最近は精製砂糖を使わない方も増えてきているようですし、動物性脂肪を気にしてバターではなくベジタブルオイルにされている方が殆どだと思います。

慣れると忘れちゃう、添加物の常習性

(2017年6月旧Webサイトに掲載されたものです) 子供達が小学校に上がったら、少し楽になるだろう、との期待は裏腹に、学年があがるたび、学校での人間関係が複雑になってきて大変。慣れてくると、マナーの欠けた事を言う子供や親がでてきます。アメリカ、韓国、日本を背負う子供達、頑張れ~!早いうちから国際事情を学び、他国を理解する姿勢をとる事は、きっと国際社会でとても役に立つからね。こればかりは、他人から聞いた話では身につかない。経験のみ。

韓国の「森教育」幼稚園と有機栽培

(2017年5月旧Webサイトに掲載されたものです) 先日のストロベリーピッキング、さすがに有機栽培農園では一般客を入れる事はないので、自然由来の農薬や肥料を利用しているという農園を選んで行きました。有機栽培が農薬を使う場合より断然手間暇がかかることは予想できるところですよね。さて、今日は有機栽培農園のつながりで、そういえば子供たちが韓国で通った幼稚園がなかなか凄い!という話です。