韓国ソウル5つ星ホテル Vol.3 バンヤンツリークラブ・ソウル

Banyan Tree Club Seoul (2018年2月旧Webサイトに掲載されたものです) リゾートのイメージがないソウルにも、5つ星ホテルリゾートチェーン、バンヤンツリーが存在する事をご存じでしょうか?ソウルの中心、南山の麓にありながら、ホテル敷地に入ってしまえばすっぽり山の中にステイしている気分。観光に利用するには少し交通の便が良くないので、旅行の最後にあとはタクシーで空港へ向かうだけ、という日なんかにのんびりするには良さそうです。

チープなだけがソウルじゃない!

(2017年7月旧Webサイトに掲載されたものです) 新しい読者の方の中にはご存じない方もいらっしゃると思いますが、私はニューヨークでインテリア建築デザイナーをしていました。そして、ソウルでは主人がホテルデザインに関わっていた事もあって、プライベートでステイするホテルでも、ついつい目を光らせてチェック。

韓国ソウル5つ星ホテル Vol.1 グランドインターコンチネンタル・パルナス

(2017年11月旧Webサイトに掲載されたものです) 外資チェーンの中でも随分早くから進出していたので、ロビーを入った瞬間から80年代の高級ホテルの雰囲気がそのまま感じられます。ちょっと暗めの照明に、内装も家具も全体的にダークカラーで、ウッドやミラー使いが多めです。新しい感じが苦手で、都内ならオークラが一番だわぁという方なら良いかもしれませんね。

韓国ソウル5つ星ホテル Vol.2 パラダイスシティーリゾート&カジノ

Paradise City Resort & Casino (2018年1月旧Webサイトに掲載されたものです) 5.5つ星のカジノリゾートとしてオープンしてまだ1年たたないこのホテル、韓国内の他リゾートと違うところはファミリー大歓迎。デザイン企画中は、何でカジノがファミリーフレンドリーをコンセプトにするんだ、という意見がよく聞かれたそう。でもマカオがエンターテインメントの多様化において、ぐんぐん成長を続けていることを踏まえれば、仁川空港の隣という場所柄(まさにマカオを意識しているよう)さまざまな旅行者客層を見込んだことは悪くないし、現地韓国人はカジノを利用することはできなくても、ソウルからの交通はすでに確保されているので、公共機関でも車でもアクセスは容易です。