ZERO CHEMICAL RECIPES

日本語

SUSTAINABLE & ZERO CHEMICAL COOKING

Everything we eat at home is all from scratch and absolutely free from any additives. The style of my home cooking is a mixture of my background and cultural experiences by living in and traveling nineteen countries/regions. Having friends from all over the world also gave me tremendous opportunities to explore international foods.

I started organizing my recipes for my sons who enjoy my food and wish to cook for themselves in the future. Besides the meals I cook daily, my specialties are traditional fermentation, baking, vegan recipes, and Japanese cuisines. They are categorized in RECIPE on the top menu.

ADDITIVE ALLERGY

FAT & OIL INTOLERANCE

Healthy, Delicious, and Safe. All from scratch Home Cooking is sometimes mandatory for those in need of special attention to what they eat.  Common food allergies are widely known and there are understandings in societies, but what about sensitive reactions to food additives and preservatives? 

My sons suffered a lot not only from allergic reactions to food additives & preservatives also from fat & oil intolerance which makes them get sick by eating meat, animal-based produce, and chemically refined oils.  Luckily they’ve been gradually growing out (it took 10 years to reach this point), although they still need quality and quantity attentions on a weekly basis.

I could have eliminated all animal products from kids’ diet during the 10 years to make it simple, but I decided to leave the options to them. Instead, I decided to teach them, not to decide for them.

Based on this background, all my recipes had been developed; adapting ideas from Vegan,  Lacto-Ovo, and mostly plant-based.  (Although I highly respect Veganism, I am not a Vegan nor practicing complete Veganism. )  As much as creating recipes is important to me, food sustainability is also one of my top priorities when it comes to cooking for my family.

添加物&保存料アレルギー

油分過敏症

キッズの食事で一番大切な事は健康的で美味しくて安全な事。

どれ程新鮮な材料が使用されていても、一緒に体内に入る物にも配慮しなければ意味がありませんよね。残念なことに、殆ど全ての既製品と外食に、食品添加物と保存料が使用されています。それによって栄養素が破壊されてしまうだけでなく、過敏症により不調を起してしまう人もいるのです。

一応安全だと言われている添加物によって、不調が起こらなければ知らぬが仏で過ごしてしまう事もできますが、添加物や保存料の歴史はまだ浅く、長期的におこりえる本人または次の世代への遺伝による健康被害が起こらないとは、まだ保障されていません。現時点では、短期的にみられる脳への悪影響が証明されています。

また、親でも気付きづらい動物性食品と食用油の不耐性。卵や牛乳等の広く知られた、アレルギーテストの存在する食品アレルギーであれば説明の方法があります。しかし瞬発的なアレルギー反応ではない過敏症や不耐性の場合、回りに理解してもらう事は殆ど不可能なうえ、蓄積によって様々な不調をおこします。

​我家ではこれらの問題があったため、体力的に弱い小学校低学年までは本当に大変でした。とにかくホームメイド、そして一つ一つ根気よく食べ物と症状をメモすること10年間。外食や旅行では、解毒や消化を促進する漢方をブレンドして飲ませていました。

こうして、毎日楽しく美味しく子供達が食べられるよう、レシピを工夫し、ヴェーガン料理もうまく利用してきました。​現時点では、症状を悪化させない為に、食事の3分の2はヴェーガン料理にするようにしているくらいです。子供達にも説明してきた甲斐があって、今では 「こういう物をこれくらい食べたらこういう不調が起こる」 という因果関係を、彼ら自身も良く理解しています。

韓国では、食材の名前から食品表示、添加物に関して英語で学んできた事を、すべて韓国語で調べあげては実際の商品と見比べる、を繰り返しました。始めの頃は、食材を買いに行くだけでも学ぶ事が沢山ある日々。韓国で手に入る食材をアメリカ料理にアレンジしてみたり、手に入らないものの代用を工夫してみたり、子供達が最初はとても嫌がっていた韓国料理を少しづつ作ってみたり。想像以上の勉強量でしたが、ついでに韓国での環境配慮や添加物事情も同時に把握することに役立ちました。