環境のサステナビリティ,  食のサステナビリティ + 美容健康 + 過敏症アレルギー

改善しない肌荒れ、どんどん進む老け顔。原因はこれかも?

肌荒れ、ニキビ肌、くすみ。お肌の大敵と聞いて、何を思い浮かべますか? 糖分、油分、睡眠不足、ストレス、紫外線。。。全部気を付けていても、なかなか改善しないうえに、老け顔の加速が止まらないのはどうして?


もうすぐ新年度が始まりますね。こちら韓国の新年度は3月2日、既に始まって1か月になろうとしていますが、まだまだ寒い!朝夜はマイナスになります。春になると、一般的には新しいスタート、新しい自分、というイメージがあるので、外見がいつも以上に気になる時期ですよね。

男性でも女性でも、汚肌は最大の敵。季節の変わり目や新しい環境が、肌荒れに拍車をかける要因だと思われがちですが、普段からの小さな心掛けで、どんな環境でも、最小限に抑える事ができます。

それはゴミを減らす事。

「肌荒れと何の関係があるのっ!」と怒らないでください。一番簡単で、一番身近な方法があるのです。それは、コンビニに毎日寄らない、または行く回数を大幅に減らす、です。

今度は、「ふざけないでよ、コンビニがない生活なんて考えられない!」 という声が聞こえてきそうです(笑) 先日、日本の不動産物件をブラウズしていて、一番違和感があった売り文句は、「近所にコンビニ多数!」 日本人のコンビニ依存度が見て取れます。私はコンビニ不要派なので、ここ20年以上、ほとんど行った事がありません。そもそも欲しい物が売っていない。

現在住む韓国も、日本同様、そこら中コンビニだらけ。韓国では、コンビニの前の道にパラソル付きのテーブルやベンチがあって、大人も子供もその場で食べていますので、どんなものを購入しているかは見当がつきます。ジュース、お茶、コーヒー、スイーツ、お弁当、スナック菓子、インスタントラーメン。 日本では、お家へ持って帰って食べるのが普通だと思いますが、購入している品物に、それ程違いはないかと思います。

これらを買わないと、どれだけのゴミが減ると思いますか? 今の時代、レジ袋なんてもってのほかですが、レジ袋をもらわなくても、パッケージに使われている、沢山のプラスチックごみ。1か月間溜めてみると、量に驚くはずです。

そして、そのゴミと同じ、莫大な量の食品添加物や保存料、何からできているか分からない人工の糖分や油分を、あなた自身の体内に入れているということです。上記のアイテム全てに、これらの物が大量に使用されています。

この「これらの物」 は、腎臓や肝臓で解毒されきれず、新陳代謝を悪化させ、毛穴や血管までをつまらせ、肌と体の酸化を早める。。。と、悪い事しかしてくれません。酸化とは、古く汚くなっていくこと。それによって、しわ、たるみ、ゴワゴワ、くすみ等がスピードアップしていき、体にも締まりがなくなってきます。

環境維持でキレイになる。kiwamiLIVING のコンセプトの一つ、Clean Earth, Clean You キレイな地球はキレイなあなた!は、本当ですよ。


↓ 合わせて読みたいブログ ↓

慣れると忘れちゃう!食品添加物の常習性

ポップコーンで腹痛!恐ろしい秘密を抱えたポップコーン、自家製持参が必須の理由