環境のサステナビリティ

新型コロナウィルスで差別蔓延!私達がすべきこと

新型コロナウィルスのせいで、欧米でアジア人へ差別行為が増している事に、怒りを覚える方も多いのでは?

でも実際は、アジア人同士、または同じ国民同士でも、酷いイジメが蔓延していますよね。日本国内のニュースはご存知だと思いますが、韓国でもSNS上で、感染者の特定をしたり、住所や家族を暴いてみたり。感染者は病院隔離と完治後、自宅へ帰る事が1番怖いそうです。

差別やイジメをしてしまうのは、恐れと無知から湧き出る感情を抑えられないから。知識と思考力があれば、無駄な恐怖心と配を拭い去ることも、根拠の無い安心感は危険だということも、自分次第だと気付くのに。

感染してしまった 「彼ら」 は、コロナウィルスで私達の周りの空気を汚染するかもしれない。でも 「私達」 は、プラごみや、化学家庭用洗剤や、トイレタリーで、空気と水と土を、毎日必ず汚染してしまっている。

「彼ら」 を責める事より、自分の足元を見てみれば、他にやるべき事が沢山ありますよね。