Family Month 【韓国】子供のスポーツ

🇺🇸ENG 🇯🇵日本語

People celebrate May as a Family Month in Korea. 韓国では、5月は「家族の月」。


Gorgeous weather and rare clean air! Walk in the neighbor city park and play basketball with boys. Have you heard of Yellow Dust (Asian Dust) that we suffer in South Korea?

Every spring, the wind storms from the west (China/Mongolia side) carry yellow dust from midland deserts to the east side of Asia. Together with the dust, it picks all the air pollutants throughout China and Korea, the air quality turns to a dangerous level.

Now you know why and how we appreciate the good weather-clean air combo.

やっと快晴、空気もそこそこキレイ!ソウルは先週までは黄砂が酷く外はどんより黄褐色、そしてグズついたお天気も続いていました。

我が家はホームスクーリングですので、お天気とエアクオリティが揃えば即エクササイズクラス。近所にコートがあるので、この春夏はバスケットボールを教える事にしてみました。

韓国では、幼稚園から低学年までの殆どの男子は、放課後にテコンドー、プラス水泳やサッカーをお稽古として掛け持ちしているのに、小学校3年生以上になると運動している子供さえ見かけません。皆スッパリ辞めて、数学と英語の塾に切り替え。

それだけでなく、韓国の小中高は体育の授業がとても少なく、スポーツ(競技)をほとんど教えないのです。授業はせいぜい縄跳びやドッジボール。マラソンもしません。更に中高生には部活も存在しないので、運動するのはプロを目指す子達のみ。

でもプロを目指すとなったら親の意気込みが凄い。韓国の学校に通っていた頃のボーイズのクラスメートにも、サッカー留学の為に家族でスペイン移住、アイスホッケー留学の為に冬休みと夏休みは丸ごと家族でカナダステイ等、小学生の頃から将来に賭けまくる。

我が家のボーイズも3年生まではテコンドー、水泳、ボクシングに通っていましたが、特にテコンドーと水泳は2年生までで辞める子が多く、3年生だと自分だけ歳上で恥ずかしいそう。特にどれも好きではなかったようなので、もれなく辞めちゃいました。

という背景で、10歳を過ぎてしまった子供が健康の為にスポーツをしたいとなると、個人でやる以外ない訳です。

Published by kiwami

Sustainable Lifestyle Specialist /Interior Designer (U.S. certified) /Author of Picture Books