Miyeok-Guk, The Meaning Behind The Soup In Korea 【韓国】ミヨッグゥと習わし

🇯🇵日本語 🇺🇸ENG

ミヨッグゥ、韓国のワカメスープはワカメ盛りっ盛り!に作ります。レストランでも食べることができますが、基本的にはとてもメジャーな家庭料理。The Seaweed Soup, Miyeok-Guk, is another nonspicy Korean dish that my family loves.


牛肉のサーロインを使うので、日本のワカメスープとは全く違うお味、これとご飯で十分お食事になる程の量を頂きます。辛くない韓国料理の代表でもあるので、小さいお子さんの居る家庭ではよく出されるメニュー。産後のお母さんにミヨッグゥを食べさせるという習慣もあります。

それに、どんなにお料理が嫌いなママでも、これだけは美味しく出来ようが出来まいが、学んでおかないとまずい。ミヨッグゥは、お誕生日に食べるものだからです。ドラマ等でご覧になった方もいらっしゃるかな。

これを私が初めて知ったのは、90年代の初め頃のアメリカで。韓国人の友達に真夜中に電話で呼び出され、レストランへ行ったら(コリアンタウンは24時間営業!) ミヨッグゥがドーンと準備されていました。「真夜中にどんぶりサイズのワカメスープ食べたくない」 と拒否したら、夜中12時回ったから誕生日が来たとかなんとか言い始めて。。。

お料理ができない留学生の子達は、こうしてレストランに行ってまでミヨッグゥを食べていましたよ。そして携帯(90年代初頭ですのでアンテナ伸ばすモートローラ製)には、間もなく電話が。韓国のお母さんから、「ちゃんとミヨッグゥを食べてる?」 という確認の国際電話でした。

お誕生日と言えば、自分のお誕生日にはお友達にご馳走する、という風習が韓国にはあり、アメリカではよく色々な友達に呼ばれて行きました。

特に韓国男子、おごる時は上限構わず大振舞い!ケチが1番格好悪いそう。だいたい皆、翌日酔いが醒めてレシート見てビックリ。でも皆おおらかと言うか大雑把と言うか、「ま、2ヵ月くらいインスタントラーメンで過ごせばいいや!」 みたいなところがありましたね。

最近のドラマでは、お誕生日を一緒に過ごすカップルが描かれる事は多くても、お友達に食事を振る舞うシーンはあまり見ませんね。若い世代の考え方や、破綻状態が続く韓国、若者の経済的困窮の現れなのかな。

Because it’s kid-friendly and nutritious, Miyeo-Guk is a very common home food menu. Also, there is a Korean custom to eat this soup on birthdays, no questions asked, every Korean mom should be able to make Miyeo-Guk.

I learned the custom about 25 years ago in the U.S., on one of my friends’ birthday I was offered a huge bowl full of Miyeo-Guk in a restaurant.

I was so shocked to see the soup for the first time because Japanese seaweed soup is served in a small cup, the ratio is more broth and much much less seaweed!

Miyeo-Guk is also known as the first food for mothers who just gave birth. Korean people take care of newly moms very well. Mothers stay at after-birth care facilities for a month, and they’re not even costly, which is so different from the U.S…… You get kicked out of hospital 72 hours sharp after the birth!

Published by kiwami

Sustainable Lifestyle Specialist /Interior Designer (U.S. certified) /Author of Picture Books