こんなに沢山バッタリ会った人

ゴミ袋を買いにマンション下のコンビニへ。敷地内のカフェやお店が並ぶ広場にコンビニも位置していますが、あちこち立ち入り禁止テープで辿り着けない!外の道路には人だかり。

撮影ですって。アイドルかな?色違いのトップスを着た男の子達が歩くと、人だかりはキャーキャー言ってました。K-Pop に詳しくないので情報乏しく申し訳ないです。

ニューヨークではマンションのプールサイドで、故ロビン・ウィリアムズが映画撮影し終わったところに出くわした事が。本当に目の前でバッタリ状態だったので、「Oh, Hi!」 と言った後、なんとなく写真をお願いした方がいいような雰囲気に。一緒に撮った事は撮ったのですが、私が部屋着のスリップドレスだったので人様にお見せするのはちょっと。。。

もっとある!バッタリと言えば、

キアヌ・リーブス。確かブダバーだったかな(?)に入ろうとした時に、物凄く勢いよくお店から出て来た彼にぶつかりそうになった。なんだかとてもご機嫌斜めな感じでした。

エンポリオの入口ですれ違ったイ・ビョンホンは、韓国で人気の俳優だよ!と聞かされても、韓流ブーム前だったので全く知らず。

ミッドタウンのお鮨屋さんでは、カウンターの隣席にケビン・クラインと映画監督。

夜のユニオンスクエアで、低飛行のヘリコプターがぐるぐるしてるのでびっくり。事故かと思ったらアクションシーンの撮影で一安心。

5番街ではお店の試着室で、ジャッとカーテンを開けたタイミングがシンクロした隣のお客さんが、あの頃人気絶頂期だったコメディアンのキャシー・グリフィン。開けた瞬間目が合って、「それ凄い似合う!」 「こっちにしなよ!」お互いお一人様来店だったので一緒に騒ぐという。店員さんに「お知り合い?」と聞かれて、同時に「Not at all!」 アメリカンコメディの典型みたいな流れ。

料理の鉄人モリモトアイアンシェフは、私達がフィラデルフィア店で食事中のところ突如現れ、「ニューヨーク店もオープンするから宜しく!」と。一緒に写真撮影したはずです。

チョコレートのジャック・トレスのローワーマンハッタン店。突然本人が厨房からサプライズ登場。沢山支店があるだろうに、その日に限ってこの店舗に。何故かスタスタと我が家のボーイズに近付いて来て、チョコレートをプレゼントしてくれたと思ったら直ぐに厨房へ戻って行っちゃった。小さいボーイズは「Thank you!」と手を振っていましたが、誰に貰ったか理解していない無邪気な顔と、あっという間の出来事にお客さん達もクスクス。

ハワイのBLTステーキで食事中、背後から通りすがりの男性が長男の頭をポンポンッ。ウエイターが、「元力士の小錦さんですよ」って教えてくれなかったら、見知らぬ大男に頭触られた、という変な話になっていたところ。

直ぐに浮かぶだけでこれくらいですが、一生懸命思い出せばもっと色々あったはず。

で、ゴミ袋。
韓国では普通ゴミと生ゴミ、それぞれ市指定の袋を購入して使わなければならないので、ゴミ袋がないと困るのです。ちなみに20枚で約千円ちょっと。指定袋に入れずに捨てた物は、cctvにて即、捨て主発見されて返却です。

Published by kiwami

Sustainable Lifestyle Specialist /Interior Designer (U.S. certified) /Author of Picture Books