Bossam ボッサム

🇺🇸ENG🇯🇵日本語
Bossam, one of the hearty and non spicy side of dishes in Korea. ボッサム、日本ではそれ程メジャーな韓国料理ではないかもしれませんが、ボッサム屋さんは住宅街でもひと駅あたり数軒は存在するほど、なんだかんだよく食べられているメニューの一つ。

I cook various types of cuisine and out of all, Korea has very interesting end-to-end ways of eating meat; sometimes extremely bold, sometimes doubtful plain. Needless to say, I enjoy the sensitive plain side so much.

Several different spice-marinated vegetables are usually served to eat with this pork dish, and my top favorite is Bossam Kimchi, the Nappa Cabbage specially made for Bossam which isn’t fermented. I adjust the spicy level for kids to enjoy together.



他のお肉料理同様、普通は皆さんソジュを飲みながら食べていますよ。コロナ関係なく、テイクアウトもポピュラーです。

日本の感覚からすると、おつまみの様に見えるかな。でももともと韓国の人は、お肉はお野菜とだけで食べる。ご飯は別で、スープと一緒に頂くという感じですので、このお皿の量で1人前弱。

とってもさっぱりした豚肉料理ゆえに、お店によってはパサついていたり味がつき過ぎていたり、繊細な味だからこそそれぞれのお店の腕の見せ所です。私はこういう繊細な韓国料理が大好き!なので、自分でも作ります。一緒に食べるサムジャン(お味噌の一種)やお野菜の味付けも、美味しさの差がつくポイントですね。

そのお野菜の中でも、私が1番好きなのがこのボッサムキムチと呼ばれる、発酵させない白菜キムチ。ボッサムと一緒に食べる為だけに作るキムチなんて、素敵でしょ?子供達も食べられる辛さ、化学調味料なしとなると、やっぱりこれもお家で手作りです。


デイリーエッセンシャルクラスに続き、インターナショナルミールクラスも開始します。 【無添加ボッサムと無添加ボッサムキムチ】を、第一弾に選んでみました。クラスでは、この2品の他にもう一つ、サステイナブルレシピのサプライズがあります。

日本では韓国料理と言うと、オモニ(お母さん)やハルモニ(おばあちゃん)の味がよく紹介されていますよね。これだったら何処からでも引用できてしまい、ちょっと面白さに欠ける。だからkiwamiLIVING では、現地に住んでいるメリットである「今」を生かして、伝統も維持しつつ、新しいアイデアも組み込む、少し若い世代のマム(英語のmomの方がオンマよりも使われています)の方法でお教えします。お楽しみに!

80分のクラスは作り方だけでなく、健康にまつわる事や海外事情など、色々な知識盛り沢山ですので、是非、お友達もお誘いしてご参加くださいね。

Published by kiwami

Sustainable Lifestyle Specialist /Interior Designer (U.S. certified) /Author of Picture Books