タピオカミルクティー、ニューヨークにて

タピオカドリンク、日本中で流行ったみたいですね! やっぱり、韓国でもかなりブームだったの?

と聞かれても、実は分からない。。。私達が韓国入りした数年前には、すでにチェーン店が沢山あって、「あ、韓国にもタピオカティーあるんだ」と感じたくらいで、流行ったのかどうかは知りえない、というのが実際のところ。

で、なんで「韓国でも」と聞かれるのかと思ったら、ブームは韓国から来たという説なんですね。そうなんですか? まあ、どっちにしろタピオカティー、私は絶対に飲みませんから。

タピオカティー。

時は20年以上前の、ニューヨークチャイナタウン。台湾人の友達が、凄くお勧めだと言うので飲むことに。太いストロー初体験だった私は、ひと口吸った途端にタピオカが喉に直撃。 吐き出すことも飲み込むこともできない、喉の中間地点に詰まって死にそうになったので、「こんな危険な物、二度と飲むか」と誓って捨てました。

しかも甘い。自然のお砂糖が使われていると思われている方は、少数だと願いますが(勿論、人工甘味料)、たとえナチュラルシュガーだったとしても、あの甘さでは糖尿病どころか、瞬間酸化ブースターですね。体が酸化すれば、あっという間にお肌はしわっしわの、だるんだるんになってしまいます。