語学取得、子供の脳って本当にスポンジなの?

リサイクルペーパーの中に、こんな紙切れを見つけました。ホームスクーリングにしてからまだ日は浅いですが、ボーイズの気持ちと時間に余裕ができた事は確か。急に日本語を学んでみようという気持ちになったのかな?

先日ニュースを見ながら、東京オリンピックまでに日本語が分かるようになるかなぁ、なんて長男がつぶやいていました。ダディーが大学の外国語授業で使った、ふっるいジャパニーズテキストブック、本棚にあるもんね。

Japanese For Busy People というタイトルを見て、自分もいけるかも?とでも思ったのでしょうか。ひらがなの表を見て、知っている言葉をローマ字に当てて書いてみた様子。「こにちわ」と「とふ」は、まあ仕方ない、英語耳だとこうなっちゃう。でも、ひらがなとカタカナ。「Na」が見つからなかったんだね(笑)マミーに質問しなかったところを察するに、きっと自分ではかなりの満足度だったのでしょう。ふふふ。

ところで、韓国に来てから何人のママ達に、子供達に日本語学ばせないの?と聞かれた事か。韓国語だって簡単に取得したわけではありません。ボーイズだって努力したのです。そんなにプレッシャーを与えなくても、学びたくなったらでいいのよ、と答えていました。 他人の家の第3か国語の心配をするなら、自分の子供の心配した方がいいのでは?というのが私の本音。幼稚園から通わせている英会話、もう何年目?ってね。

語学においてよく、子供の脳はスポンジだから、という大人がいますが、スポンジって、放って置いてもきちんと膨らまないんですよね。それなりの良質な水を吸った脳が、結果的に良く吸収したスポンジに例えられたのだと思います。水をうまく吸うためには、それはそれは子供も、ちゃんと努力をしているのです。これは語学に限らず、天才でない限り他の全てに当てはまりますよね。特に日本での小中学校お受験。良質な水、吸うのは子供、与えるのは。。。?

子育て中のママ達、乾杯!!