ギフテッドって?本当は、映画の主人公みたいな天才じゃない

先日ギフテッドについて、少し触れました。あの一筋縄ではいかぬ面白い私の長男、ギフテッドです。最近のゴタゴタから、私のキャパオーバーでついでにカミングアウトみたいな形に聞こえるかもしれませんが、タイミングだと思っています。誰もが人それぞれ、生活しているだけでも色々な問題解決に迫られますよね。

そんな真っ只中でも、学校に呼び出されば直ぐに行って、半パニックになった彼と先生の間に入らなければなりません。10年間、アメリカの本やアメリカママコミュニティーサイトで得る知識と、自分の経験だけで彼と向き合ってきました。でも、年齢が上がるにつれて、私と長男の信頼関係だけでは生活が成り立っていかず、回りの人、学校、社会からの理解が多少なり必要になってきました。ギフテッドはそれほど珍しい特質ではなくて、よくよく子供を観察していると分かります。

欧米在住の方は良くご存じでしょうね。日本においては、1,2年前までは、ギフテッドの定義さえも見当たらず、直訳で「英才」とサーチ結果が出てきた時にがっかりした事を覚えています。しかし現在と言えば、日本語ウィキペディアに驚くべき長文が記載されていて、いつの間に!極端だなぁと気が抜けるような思いと共に、希望の光がさそうとしていることにとても嬉しく思います。

さて、ウィキペディアで調べたことがない方でも、同名のタイトルがついたアメリカ映画をご覧になって、あ~あれね、と思われるかもしれませんね。でも映画に出てくるような、化学式が頭からあふれ出てくるとか、生まれながらにピアノが弾けるといった、天才みたいな描写ばかりで誤解を招いているのではないかと、最近心配になってきました。きっと国内でギフテッドをご存じの小児科の先生やカウンセラーの方々も、ちょっと待って!と思われていることと思います。

ウィキペディア「ギフテッド」のリンクはこちらから >>

要点は、ギフテッドの才能を潰してしまう可能性の心配ではなく、誤解によってギフテッドの子供達のメンタル面に悪影響があるといった問題点です。