韓国ソウル5つ星ホテル Vol.1 グランドインターコンチネンタル・パルナス

(2017年11月旧Webサイトに掲載されたものです)

外資チェーンの中でも随分早くから進出していたので、ロビーを入った瞬間から80年代の高級ホテルの雰囲気がそのまま感じられます。ちょっと暗めの照明に、内装も家具も全体的にダークカラーで、ウッドやミラー使いが多めです。新しい感じが苦手で、都内ならオークラが一番だわぁという方なら良いかもしれませんね。

カンナムにあるため普通のお部屋は広くないと予想して、スイートルームに。これなら広さは◯でした。インテリアと家具は老舗なりに、高級素材を長く良くメインテナンスされていますが、スタイルはやはり古め。バスルーム、シャワーブースとバスタブは別になっていますが、バスタブやビデ等バスルームの作り自体が古いので△。スイートルームなのにシンクが一つというのも不思議です。全体的に余分なデコレーションがなくスッキリした雰囲気ですね。目の前に高いビルが無く広々としているので、壁一面の窓からカーテン全開で景色を楽しむことができますよ。

スパはなく、モール挟んで反対側に建つ普通のインターコンチネンタルの方にありますが、いくら全て連結しているといえ、アクセスが悪すぎます。ホテルでスパへ行くのに巨大モール内を通るとは!もともとスパに行くことが面倒な私です、行くわけがありませんよね。知らずに主人が予約してくれていましたが、チェックイン前に気が付いてキャンセルしました。

Table 34 (フレンチ)

ソウルの欧米料理では珍しく◯。創作フレンチでやけに韓国料理が強すぎるレストランがよくありますが、ここでは微かに韓国を取り入れているというくらいで、韓国人の舌に媚びていません。フレンチとコリアンの良いとこ取りです。が、一つだけ、何故かコースにパスタが含まれていたのですが、これはちょっと韓国のイタリアン寄りでこってり。フレンチのみで攻めればいいのにな、と感じました。

デザインは私達もよく知るニューヨークのトニーチーデザインが、昔々に手掛けたもの。メインダイニングエリアはタイムレスで悪くないです。が、プライベートパーティルームがメインエリアから丸見えなのが不思議。しかも10人以上のパーティゲストのコートラックを部屋にそのまま放置しているのは頂けませんね。見た目は勿論悪いし、厚手のコートにお食事の臭いがつくと帰り気分が悪いです。

箱根(和食)

​本格和食ですが▲。ウニの薬品の匂い、お寿司お刺身に筋が多い、香の物や梅干しの添加物の味、コチュジャンの化学調味料(直ぐに喉が痛くなりました)など、ちょとしたものに繊細さがなくてコースの合間にちょくちょく残念。子供達にオーダーした会席弁当のコースは、味が濃くてお弁当の木箱の痛みも見苦しい。個室なのにガラスデザイン部分から隣の部屋が見えるのはデザイナーのミスとして、メインダイニングのデザインはまあOKです。