アメリカ同時多発テロ9/11 当日

(ウォールストリート/テロ10周年、2011年撮影)

(2018年9月旧Webサイトに掲載されたものです)

皆さま、今日はあちらこちらで 9.11 、2001年ニューヨークで起きた事件の追憶を耳に、目にされたことと思います。私もあの朝は、ニューヨークで仕事をしていました。被害を受けた多くの方に申し訳なく思うも、幸い無傷で過ごすことができたニューヨーカーも沢山います。被害者でないニューヨーカーのストーリーは語られる事が殆どありませんよね。

やはり、命があるだけでありがたい、との思いが私にもあり、わざわざ被害者面して話すことでもないかなと思ってきました。しかし今朝、ボーイズがラジオのニュースで 9.11 追憶の話を耳にすると、マミーはどうだったの?と。そこで17年前の記憶をたどって、ほぼ仕事オンリーだった私が事件の前後をどう過ごしていたかを書いてみることにしました。

​ニューヨーク5thアベニュー(5番街)
ミッドタウンの中心、ロックフェラーセンターには冬場スケートリンクになる広場を囲うように3つのメインビルがあります。私が働いていたデザインオフィスは、そのうちの一つに5フロアーを構えていました。私の席は18階の窓際。補足しておくと、アメリカの大企業では窓際は憧れ。上層部やディレクター以上のオフィスは全て窓際にオフィスを設置し、その他はオープンスペース内にワークステーションが広がります。ワークステーションエリアでも、窓際を与えてもらえる事はちょっとした暗黙の意味がありました。

​丁度、クライスラービルに2フロアーを契約したという、イケイケのIT企業のリードデザイナーを任せてもらった時期であり、がむしゃらに建築デザイン国家試験の勉強をしていた時期でもあったような気がします。様々な緊張と感情が混ざったあの席と、その窓からの景色は、私にとって言葉で表しきれない特別なものでした。ダウンタウンへ真っすぐに伸びる5番街を全貌できる窓です。2001年9月11日火曜日は、綺麗な青空の広がるとてもお天気の良い朝でした。


​オフィスは8時半開始。この日は随分早めに出勤し、朝9時のメッセンジャーに渡さなければならない家具予算のパッケージを準備していました。オフィス家具は一部品の間違いで億が飛ぶため、かなり集中していたのですが、出来上がった頃には何だかちょっと普段よりまわりの雑音が気になり始めました。が、それでも無視して送り先のアドレスを封筒に貼っていた時でした。


おじさん建築家がポータブルラジオを手に、興奮気味に歩き回って大声を出しています。事故だーとか火事だーとか、次はロックフェラーだーとか叫んでいました。このオフィスはロックフェラー以外にウォールストリートにもオフィスを構えていました。ウォールストリートオフィスと朝の電話会議をしようとしたところで向こうが大騒ぎだと。私は自然と窓に目を向け、5番街のずっとずっと先を見つめてみました。煙が立っているのが見えます。最初の衝突が8時45分頃、9時のメッセンジャーどころじゃなくなりました。