慣れると忘れちゃう、添加物の常習性

(2017年6月旧Webサイトに掲載されたものです)

子供達が小学校に上がったら、少し楽になるだろう、との期待は裏腹に、学年があがるたび、学校での人間関係が複雑になってきて大変。慣れてくると、マナーの欠けた事を言う子供や親がでてきます。アメリカ、韓国、日本を背負う子供達、頑張れ~!早いうちから国際事情を学び、他国を理解する姿勢をとる事は、きっと国際社会でとても役に立つからね。こればかりは、他人から聞いた話では身につかない。経験のみ。

精神的に強く、周りに流されず、賢い判断ができるように、しっかりとサポートするしかありませんね。親がブレたり弱い姿勢をとると、子供も自然とそういう姿勢になって、いづれいじめられます。

​慣れるという事は、配慮が欠けてくるという事なんでしょうね。あたりまえになって、忘れちゃう。。。そんな事を考えていて思い出したこと。食品添加物についての危険信号です。

「少しは添加物にも慣れないとね」「そんな事言っていたら何処へも行けないし、何も食べられない」「見たところ大丈夫そうよ」これが普通の会話として成り立っている社会、危ない危ない。特に日本の外食チェーンや娯楽施設の食事は、添加物の観点から見ると最悪なのに、とにかくイメージ攻略がうまい。本当に、なんか大丈夫そうかな、なんて思いそうになります。

添加物に慣れても良いことはなく、添加物は慣れると次は常習性が待っています。常習性においては、外食やお菓子の味に依存すること、とても危険だと思いませんか?食べないと落ち着かない、イライラする。期間限定とか、販売中止になるお菓子の買いだめのニュースを聞くと、恐ろしい。大好きなお菓子の化学調味料やスイーツの香料を、自分で生産してブレンドすることはほとんど不可能ですからね。

自給自足が近い将来、必ず重要な生活基準になるはずです。すでに実践されている方は本当に素晴らしい!私自身は現在諸々の事情で実現できていず、 農作物は買わざるを得ません。一から作るお料理で、添加物をゼロにするくらいです。

ホームガーデニング、今ではニューヨークや東京のような大都会でも、屋上で野菜栽培をする事は珍しくありませんよね。実はニューヨークよりもずっとずっと前に、建築シティーで知られるシカゴで、環境維持のために、ビルの屋上に緑をびっしりと植えるということをしていました。これが「大都会のルーフトップをグリーンに」の始まりなのです。