ライフスタイルグルス2007

ワシントンの桜、おススメの過ごし方

春とは程遠い毎日のニューヨーク。

週末の大ストームでは、近郊も含めて洪水被害があちらこちら。車の半分、または全部が水に埋まってしまったり、ニュースの画像を見ていると、数年前の映画「The Day After Tomorrow」のワンシーンのようで、氷河期がきたらどうしよう!なんて想像力たくましく、ちょっと怖くなってしまいました。(グローバルウォーミングの副作用は気温が上がるだけではないって、以前お話しましたよね。)

4月第2週までは東京と同じく、ワシントンDCでの桜が満開になる時期。友人が、先週行ったけれど寒くて桜どころじゃなかった!って言っていました。

うちも、義母の気晴らしに、と予定していましたが、天気予報を見てやめ。実は去年も大雨。ニューヨークからは車で4,5時間なので、週末旅行を計画していたのに、前日の大雨であっという間に散ってしまってキャンセル。

ということで、最後に見たのはなんと、おととし。

おととしは、タンクトップで歩けるくらいな夏日より。ドライブしてもお散歩しても、とっても気持ちがいい。

ボーっと川辺で、桜と水鳥を数時間眺める。

あの辺りで有名な、ソフトシェルクラブをたっぷり食べる。

ワシントンDCならではの美術館や、メモリアルめぐりを存分に。

すっきりとロマンチックなショートトリップ、おすすめです。でも、この時期はどこのホテルもいっぱいなので、早めに予約を入れておくこともおすすめします。歩き回った後の、ゆっくりバブルバスは確保しておかないとね。