ライフスタイルグルス2007

キレイな夕暮れ、澄んだ空気。

このところのニューヨークと、その近郊は夏のよう。

急に強いシャワーが来たり、すっきりとしたドライな晴れになったり。気温の上下は激しいけれど、緑もぐんぐん伸びて、窓を開けると本当に気持ちがいい。

お天気だけでなく、私をいい気分にさせてくれるのが、どんどん伸びる遅い日没。いつまでも明るいと、それだけでワクワクしちゃいます。

不思議に思うのが、いつもと同じ時間にカーテンやブラインドを閉めてしまう家や、窓を閉め切ってずぅっとエアコンをつけている家。せっかくなんだから、キレイな夕暮れを見ながらディナーをしたり、雨の後の、涼しい澄んだ空気を楽しんだらいいのにな、って思っちゃう。

こうして楽しむだけで、計り知れない量の電気が節約されるんだもの。私たちの子孫にも、環境破壊の残存でなく、こういう澄んだ空気を経験させてあげたいです。

(関連したアメリカの夏時間については、ウェブサイトの記事、アメリカのDSTを参照にしてくださいね。)